多く発生するトラブルとレスキュー対応例

【バッテリー上がり】

  ライトやランプなどの消し忘れや、エンジンを停止したまま長時間オーディオやナビを

  使用していたりすると、車に搭載してあるバッテリーの蓄電がなくなってしまいます。

  その状態でエンジンを始動させようとしてもセルモーターを回すことが出来ず、エンジ

  ンがかからないという事態に見舞われます。

 ≪レスキュー対応例≫

   ジャンピングスターターという機器をお客様のお車のバッテリーにつなぎ、電気を供

   給してセルモーターを回してエンジンを始動させます。

   バッテリー性能が弱っている程度のバッテリー上がりでしたら、エンジン始動後にし

   ばらく走行して充電すればバッテリーは復活しますが、著しく放電してしまっている

   場合には、走行充電しても再度バッテリー上がりの症状が出ることがあります。

   また、お客様が「バッテリー上がり」と思っていても、セルモーター自体が寿命だった

   り、キースイッチやバッテリーリレーの不具合の場合があります。その場合は、応急

   的にエンジンを始動させることができても、不具合箇所の修理をしなければ、再度エ

   ンジンを始動できないことがあります。

   バッテリーの新品交換をご希望されるお客様は、後日改めて交換作業へ伺います

   のでお気軽にご相談下さい。

 

【パンクとバーストの違い】

  釘や金属片などの異物を踏んでタイヤの接地面に穴が空いてしまい、そこから空気

  が漏れてしまっている状態が「パンク」です。多くのパンクは、空いてしまった穴をふさ

  ぐことで修理が可能で、当社でも現地での修理対応ができます。(乗用車のみ)

  「バースト」とは、縁石や障害物などにタイヤをぶつけたり、鋭利なもの入りを踏んだりして

  タイヤが裂けてしまった状態のものです。この場合、修理は不可能となります。

  特に、タイヤ側面のサイドウォール部(メーカーやサイズなどが表示されている面)に

  ダメージがある場合は小さな損傷であったとしても修理は出来ません。(ごく少数です

  がサイドウォール部損傷の修復を行っている業者もあるようですが)

 ≪レスキュー対応例≫

   スペアタイヤを積載している場合はスペアタイヤとの交換をします。大型トラックでも

   作業可能ですのでご安心下さい。(積載しているスペアタイヤが使用可能な状態か

   確認をお願いします)

   当社では、乗用車(18インチタイヤ以下)のパンクに限って、現地でのパンク修理が

   対応出来ます。(修理可能なパンクに限りますので、現地にて作業不能と判断する

   場合がありますのでご了承下さい)

 

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会