トラックのマフラー脱落

トラックの乗務員さんからのレスキューご依頼でした。

「走行中いきなり、車体の下からガラガラとすごい音がしたので止まって見たところ、マフラーが外れて落ちて引きずっている」とのこと。

名古屋市内の現場へすぐに急行し、40分ほどで到着しました。

 

点検したところ、マフラーのテールパイプ(触媒などの先の、画像にあるパイプのみの部分)の根元が経年劣化で錆により腐食して脱落寸前となっていました。

引きずった原因は、テールパイプを支えるボルト(画像の中央辺りにある、クッションゴムに通っているボルト)が破断して外れたためで、腐食したテールパイプ根元のわずかにつながっている部分のみでぶら下がっている状態でした・・・

 

腐食があと少し進んでいたらボルトの破断と同時に外れ落ち、自分のトラックで踏みつけてタイヤがバーストしたり、リアタイヤのブレーキチャンバーやホースなどを傷つけて重大な損傷となっていたかもしれません。

 

よく点検してみると、テールパイプの周囲がススでかなり汚れており、テールパイプ根元の腐食はだいぶ前から進んでいたと思われます。

そのことを乗務員さんにお聞きすると、「そう言えば、アイドリングで停止している時にマフラーの方からカラカラ、カタカタと音がしていたが、特に気にとめていなかった。」とのことでした。

 

今回はたいした事故にならなかったので良かったのですが、万一走行中に外れてしまった場合は先に書いたような事故になる可能性もありますし、飛んでいった場合には他のクルマや歩行者に当たってしまう危険もあります。

少しでも異音がしたり不調を感じたらしっかり点検をして原因を見付けるか、会社の管理者や整備工場などに点検してもらって下さい。

 

小さな不具合が大きな事故へつながることもありますよ・・・!

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    TAKARA AUTO (金曜日, 25 3月 2016 21:56)

    乗用車の修理屋です。
    トラックの修理は2トン車くらいしかしたことないので、大型車ともなると想像ができません。
    ひとつひとつの部品も大きく重いでしょうから大変そうですね!
    乗用車でもタイコが外れてても気付かず車検に来る人もいます・・・ 中には、ホイールがぐらぐらの状態でも普通に走って来る人も!
    正直なところ、壊れて入庫してもらえれば仕事になるのでいいのですが、事故のもとになるって考えると・・・
    困ったもんですよね!

  • #2

    運送業 (月曜日, 04 4月 2016 21:38)

    今後の話ですが、岐阜県養老町や大垣、三重県の方までは来てもらえますか?
    夜中に故障した時などはデーラーを呼んでもかなり遅く困ります。当社は主に岐阜から三重県の配送がメインですが、出先での故障でも来てもらえると助かるのですが、、、

  • #3

    GKS (火曜日, 05 4月 2016 22:59)

    コメントありがとうございます!(^^)!
    ブログを書く励みになります!

    ”運送業”さん、ありがとうございます。
    他への出張中などによりお受けできない場合もありますが、基本的にお待ちいただけるなら遠方でも出動しますのでお電話下さい。
    よろしければ  rescue24@gk-service.com へメール頂くか、HPホームの「お問合せ」からご連絡を下さい。

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会