ミラジーノ オイル漏れ修理・エンジンマウント交換

ミラジーノ L700S

 

一晩止めておくと地面にポタポタ垂れるほどのオイル漏れと、アイドリング時にブルブルとハンドルに振動がくるとの症状でした。

年式から考えてもそろそろアチコチに不調が出てくる頃ですね。とは言え、走行距離は相応ですがとても綺麗な車です!

 

アイドリング時のブレはおそらくエンジンマウントのヘタリと検討をつけましたが、オイル漏れはいったいどこから漏れているのか詳しく見ないとわかりません。

ただ、次の車検が来たら手放す予定なのでなるべく安くあげたいとのこと。

とりあえずは工場で見てみることにします。

 

作業と撮影を一人でやってるのでなかなか細かく写真が撮れずすみません。

 

いきなりヘッドカバーを外した写真ですが、オイル漏れを点検したところ①オイルパンからの滲み、②エンジンヘッドカバーからの滲み、③ヘッドカバー・プラグホールからの滲み、④オイルフィルターブラケットからの漏れなどが見つかりました。

他にも滲んでいるところもありましたが、全て修理すると結構な金額になりますので上記4点に絞っての修理となりました。

どれもパッキンやガスケットなどが劣化して起こるオイル漏れです。経年劣化は避けられないので早めの修理が必要ですね。

エンジンオイルを一晩かけて出来る限り排出し、オイルパンを外し半日経過した状態(エンジンを下から撮影)です。

 

ミラジーノのオイルパンを脱着するにはエンジンを吊り上げるかメンバーを外さなければ作業ができません。

「いっちょやってみるか!」って感じでご自身でやるのもいいですが、いざオイルパンを剥がしたのはいいけどオイルパンが取り出せない、取り付けられない・・・なんてことになりますので注意して下さいね(^_^;)

 

今回はエンジンマウントの交換もありますのでエンジンを少しだけ吊って作業することにします。

オイルパンを外した状態でもまだオイルが垂れてくるので、それが完全になくなるまで(完全にはなかなか難しいですが)オイルフィルターブラケットを交換します。

 

オイルフィルターブラケットは、皆さんも見慣れたオイルフィルターを取り付ける台座部分です。

ブラケットを外すためにはエキマニを外さないとブラケットのボルトが外せません。

また、バンジョーボルトにも銅ワッシャーがありますのでこれも同時に交換します。

 

ちなみに、フィルターの真下にチラッと写っているのがこの後交換する「エンジンマウント」です。

 

取り外したブラケットです。

ゴム製のパッキンが完全に硬化しており、ブラケットを外した際にパッキンは綺麗に半分に割れてしまいました。

写真に写っている残ったパッキンを取り除く時にもポロポロと砕け、とてもゴムだったとは思えない状態でした。これではオイルが漏れてしまいますよね。

ブラケットを綺麗に洗浄し、錆びていたエキマニを耐熱スプレーで塗装。

 

フィルターを取り付ける前に、エンジンマウントを交換します。

写真はすでにマウントを取り外した状態です。

 

エンジンマウントは3つ(3か所)についていますが、今回はフロントのマウントのみを交換します。

エンジン左側は簡単に交換できますので今後気になればいつでも交換できます。

問題はエンジンの後ろ側についているマウントですが、これを交換するには少し大掛かりになるので今回は見送ることにしました。

フロントのマウント交換だけでも十分に改善効果が期待できますので。

左が新品のマウント、右が取り外したマウントです。

 

中央の穴にボルトが通りエンジンの荷重がかかるのですが、古いマウントは新品に比べてヘタっているのがわかりますね。

細かい部分の写真を取り忘れてしまいましたが、中も亀裂が入っていましたので完全に寿命でした。

 

エンジンマウントがこんな状態でも走行はできますので「古い車は車体がブレるにはしょうがないだろうなぁ」などと思って交換せずに走っている人がかなり居るのではないでしょうか・・・

作業している途中でタイロッドエンドブーツの劣化が気になったので、追加作業で交換することになりました。

 

この写真は助手席側のブーツでパッと見た感じさほど悪く無さそうですが、運転席側のブーツにはかなり亀裂が入っていて末期状態でした。

グリスが漏れてはいませんでしたが、漏れてからでは遅いので交換が必要と判断。

グリスが漏れ、ジョイント部分に砂やゴミなどが入ってしまうとタイロッドエンドごと交換になってしまいます。

ブーツだけなら部品代も数百円ですので早めの交換がオススメです!

交換したタイロッドエンドブーツです。

これで当分安心して乗れますね(^-^)

 

 

またまた写真を撮るのも忘れて完成してしまいましたが作業終了です。

 

写っている人は気にしないでください(^^;)

恥ずかしがり屋さんなので顔は伏せておきますが、うちの工場を好き勝手使ってロードバイク(何十万円もする自転車!)を修理・販売しているMさん。

たまに私の作業の手を借りたりレスキューに同行してもらったり、持ちつ持たれつの関係で仲良くやってる仲間です(^▽^)/

 

 

話がそれましたが、最終的な検査をして作業終了しました。

垂れるようなオイル漏れはなくなり、試運転でもエンジンのブレは全くなくなりました。

ボディも車内も綺麗ですのでまだまだ可愛がって乗ってほしいですね(^▽^)/

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会