スーパーグレート ファンベルト テンショナー割れ

ふそうの大型トラック、スーパーグレート。

「ファンベルトがおかしい」とお電話を受けました。

単なるベルトの劣化かな?とも思いましたが、このトラックの「6R10エンジン」、ベルトだけの異常ではないことが多く、電話にていろいろ問診してみました。

 

ちなみに、この画像が6R10エンジンの横から見たところ。

オレンジの太いホースはインタークーラーへつながります。

乗用車と比べるとかなり太いですね!

 

 

問診したところ、内容は次のとおり。

・ベルトがギャーギャー鳴いていたが、今は音はたまにする程度。

・「充電異常」の警告灯が時々点灯。

・エアコンスイッチを入れると「充電異常」が点灯し、ギャーギャーとベルトが鳴く。

 

『またか・・・』

たぶんベルトだけではなさそうだと判断し、予想される部品を手配して現場へ向かいました。

 

 

現場にてキャビンを上げて点検すると、やはり思っていたとおりの症状でした。

 

「ベルトオートテンショナー」

 

今のクルマは、以前のようなVベルトではなく、何本もの溝があり平べったい「サーペンタイン」と呼ばれるベルトでエアコンコンプレッサーやオルタネータなどの複数の補器をまかなっているものが多く、そのサーペンタインベルトの張り具合を自動で調整するのが「オートテンショナー」です。

 

この6R10のオートテンショナー、よく壊れるんですよ・・・

プーリー部分がおかしくなってベルトが外れたり、本体部分に亀裂が入ったり。

 

そして、今回は見事にパックリと破断していました(-_-;)

 

 

左が破断したオートテンショナー、右が新品です。

真ん中から完全にポキッといってますね。

 

ちなみに、このオートテンショナー、新品のお値段が3万円以上もします!

税込み価格で32,000円くらいかな・・・

 

 

「Made in France」!

フランス製なんですね(^_^;)

 

ふそうがダイムラーの傘下になり、エンジンなどのいたるところにベンツマークがついています。

 

日本製以外は二流三流とは言いませんが、やはり国産の方があんしんするんですけどねぇ・・・

 

 

 

 

オートテンショナーをサクッと交換し、ベルトも社外品の新品を装着して作業終了!

(ちなみに、ベルトも1万円以上します!)

 

作業途中に思ったのですが、以前のこのオートテンショナー、取り付けボルトが『インチ』だったと思うのですが、このトラックは『16ミリ』でした。(15だったかな?)

いつの間にか変更していたんですね!

でも、なぜ16ミリに?

インチだったり15や16ミリだったり、普通に14とか17にできないんですかね(・・?

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    安藤勝美 (火曜日, 20 8月 2019 00:39)

    すいません、6R10のベルト交換したいのですが、オートテンショナー21mmを緩めて16mm3本を外せばテンションかからないでベルト交換できますか?

  • #2

    GKS (火曜日, 20 8月 2019 06:46)

    安藤 様

    6R10のベルト交換とのことですが、コメントに書かれている方法ではベルトは外れません。
    むしろ、そのやり方ではテンションがかかったままテンショナーを外すこととなり危険です。
    テンショナー交換が必要でなければボルトやナットは一切緩めないでください。(ちなみに、テンショナー交換の際は「ミリ」ではなく「インチ」のソケットなどになります)

    文章だけで説明するとどこまでうまく伝えられるか微妙なのですが・・・

    ザックリ言うと、12.7のエクステンションがそのまま入る正方形の穴があるのでそこに差し込みテンショナーを少し回転させベルトのテンションを解きます。
    その状態を保持したまま、テンショナー本体側と稼働側を貫通する穴にドライバーなどの細い棒を突っ込んで固定させます。

    この状態になればテンションがかかってないのでアイドルプーリーの部分でベルトを滑らせて外し交換ができます。


    ベルト交換時にはテンショナーの劣化やアイドルプーリーなどの点検も必要となり、ふそうさんはベルトとテンショナーの同時交換を推奨しています。

    テンショナー自体高いので毎回交換するのも正直どうかと思いますが、このブログ記事のように突然割れてしまうトラブルや、ベルト交換をしてもベルトがプーリーから外れてしまう事例もあります。
    ですので、しっかり点検して少しでも不具合があればテンショナーやプーリー交換をした方が賢明かと思いますよ。

    文章だけで作業工程が伝わったでしょうか・・・?(^^;)

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会