フォークリフト 出張修理依頼

画像はありません・・・

すみませんm(__)m

 

先日の日曜日、「フォークリフトなんですけどいいですか?」とのお電話がありました。

正直なところフォークリフトは専門外なので、「大丈夫です!」という自信は全くありません(;´Д`)

基本的な構造は同じですが、荷役装置などに関する専門的な知識は全くないので・・・

仮に、診て原因がわかったとしても、休日には部品を供給するすべがありませんし(´;ω;`)ウッ…

 

お電話でそのことをお伝えし、とりあえず症状を聞いてみると、

「冷却水が漏れてるみたい! あとギャーギャーすごいうるさい」

「リフトがコレ1台しかないから応急でも何でもいいから何とかしてほしい」

 

まぁ、お話しを聞いた感じだと、冷却水が漏れてファンベルトにかかり、ベルトが滑って鳴いてるんだろうなぁ、と。

それだけなら漏れを止めればいいだけなんですが、実際にどこから漏れているのか。

ひとまず、お伺いして診てみることにしました。

場所は三重県四日市市の町工場でそれほど遠くないのですが、渋滞のため1時間半ほどかかりました(-_-;)

 

社長さんはとても気さくな方で、到着すると同時に缶コーヒーのウェルカムドリンクが(;'∀')

まだ直せるかどうかもわからないのに・・・

とりあえず夕方まで動かせられれば大丈夫だから、とのこと。

 

まずリフトを拝見すると、定番のラジエターホースの付け根部分からの冷却水漏れ。

ただ、ベルト鳴きの原因は冷却水がかかったのではなく、単にベルトが伸びていただけのようです。

偶然にも冷却水漏れと同時に症状が出ただけみたいですね!

 

リフトの場合ラジエターファンの空気の流れは、エンジン→ファンベルト→ファン→ラジエターという位置関係なります。

ベルトの後ろにラジエターがあるので、漏れた冷却水が直接ベルトにかかっていたのではないのです(^^;)

車の感覚で症状を想像していたので、大きな勘違いをしていました(^^;)

 

冷却水の漏れはホースバンドを追加して締め付け、なんとか止まったようです。

ベルトも張り調整をして鳴き止めスプレーを吹きかけ、応急措置完了!

ラジエターホースもファンベルトも、早急に交換が必要ですとお伝えして作業を終えました(^-^)

 

ただ・・・

フォークリフトのベルト交換、超メンドクサそう・・・

エンジンから伸びたシャフトの先端部に大きなファンがあり、その途中に補機を動かすためのベルトがかかっています。

どうやって交換するの!?

一旦、ファンを外す?

それにしては位置的にとても狭くやりづらそう・・・

 

リフトメカニックさん、大変なんですね(;'∀')

頑張ってくださーい!

 

 

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会