ふそうファイター エンジンチェックランプ アドブルー異常

 

三菱ふそう ファイター 増トン

H28年式 6M60

 

メーターに、「エンジンチェックランプ」「エンジン制御」が点灯し、しばらく走行を続けるとブザーが鳴動したとのこと。

ふそう名物の『尿素SCRシステム』の不具合ですね・・・

今回もいつもの「バルブ」が原因なんだろうなぁと思いつつ、トラックが車庫に戻って来るタイミングに合わせて現地へ。

 

診断機をつなぎ、しばし待ちます。(ふそうは時間がかかるんですよ・・・ 長すぎ・・・)

 

案の定、いつもの「P1E4800」ですね(-_-;)

このコードは、アドブルーのポンプへ行くエア圧が低下した時に出ます。

要は、送り込む空気圧力が足らなんですね。

なぜエアー圧が足らないのか?

それはですね、ポンプへ来る前のエアーに油分が微量に混ざって送られて来ており、それがポンプの入口に付いている切り替えバルブに堆積。

だんだんエアーの通りが悪くなってしまい、規定量の圧力が送られなくなってしまうんです。

 

そもそも、エアーに油分が混ざることが問題です。

この車両はエアードライヤも定期的に交換していますし、まだ2年落ちのトラックですよ?

ファイターもスーパーグレートも、エアーコンプレッサー(エアコンのコンプレッサーではないですよ!)の不具合が多いですよね。

なんとか改善して無償修理などをしてくれれば運送会社さんも助かるんでしょうけど・・・(;´Д`)

 

今回交換するのはコチラの部品で~す!

「尿素切り替えバルブ」

 

1個¥3,000円もしないので、まぁ安い部品の部類ですね。

とは言え、ディーラーさんへこの修理に出したら、なんやかんやで結構な料金を取られちゃいます…

 

ディーラーさんに診てもらうと、「尿素ポンプの不具合かと思いますが、ポンプ代だけで20万円もします。とりあえず今回は『切り替えバルブ』を交換して様子を見ましょう」と言ってくるでしょうね。

 

そして、運送会社の管理者さんは「工賃込みで30万円弱の修理はイタイ・・・ 社長になんて言えばいいか・・・ 今回バルブだけで安く直るならその方が助かる!」

なんて思っちゃいますよね(;´Д`)

 

なんか、うまく言いくるめられてるような・・・!?

 

 

 

では、サクッと作業に入りましょう!

 

ポンプはフレームの内側、車体左側の中央よりやや後方についています。

尿素水フィルターを交換したことがある人は見たことあると思います。

 

画像の中央上側にL型になっているホースなどを外すと中に「切り替えバルブ」があります。

 

まずはホースを外します。

ジョイント部分をスパナで回せば簡単に外れます。

 

 

 

外すと、若干トロっとした液体(油)が出て来ますので、ウエスを用意して外した方がいいですね。

 

(画像はありませんが、この後、ナイロンチューブ内の汚れをエアーを吹いて清掃します)

 

次に、ポンプに付いているプレフィルターを外します。

 

外して、反対側から撮影した画像です。

 

Oリングがくっついて外れてきてます。

組み込む際には切り替えバルブ側にOリングがはまる溝があるので、Oリングに薄くラバーグリスを塗ってその溝にはめて装着します。

 

あ、ちなみに、画像を撮り忘れましたが、この内部に樹脂のプレフィルターがあります。

現物を見ればわかると思いますが、簡単に外れるので掃除しておきます。

 

 

 

プレフィルターを外した状態です。

 

異物が入らないよう注意して簡単に清掃しておきます。

定番の、ビフォーアフター!

 

右側が新品ですね。

外観では何が悪いのかサッパリわかりません(^^;)

 

 

 

ポンプより前の方に装着されているバルブにつながっているこのホースを外してクリーナーを吹き込んでからエアーを送り込み、チューブ内の汚れを落とします。

 ※同じ径のナイロンチューブなので、組み付け時に誤組みしないように!

 

 

清掃が終わったらチューブを戻し、新品バルブを組み付ければ作業終了です。

いたって簡単な作業で、特に特殊工具も不要です。(ナイロンチューブの外し方がわからない人は調べてみてくださいねー)

コンプレッサーのエアーがあればご自身でも出来そうですね!(^▽^)/

 

ただ、経年でチューブが固くなっていたりするので要注意です!

よく言うセリフですが「あくまで、自己責任で」!!!(;'∀')

 

 

 

診断機でダイアグを消去し、再度診断をかけます。

 

全項目で異常なし!

SCRだけを診てみてもダイアグは出ていません。

 

アドブルーの圧力も501kPaなので正常に戻りました。

 

 

左側が不具合時の数値です。

105kPaしかないですね・・・

右側が交換後の正常な数値です。

 

 

作業前と作業後のデータを報告し、作業を終了します。

 

 

ポンプそのものの異常がなく、快適に運行できることを祈ってまーす!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    さくま (金曜日, 09 11月 2018 10:06)

    こんにちは。運送会社の者です。尿素関係のトラブルが多く、検索していたら御社のブログを見付けました。
    質問があるのですが、こういった故障はネットなどで調べて自分で{自社で}交換してなおるものなのでしょうか?
    そもそも診断機がないとどんな不具合かわからないでしょうが、仮に的中したとしてダイアグを消去しなければダメなんでしょうか?
    初歩的な質問ですみません。

  • #2

    恋次郎 (金曜日, 28 6月 2019 19:53)

    まさに、最近つきはじめました。

ロードサービス・自動車点検整備・事故車修理・タイヤ各種部品販売取付

ジーケーサービス (GK-SERVICE)

 

 桑名基地

  〒511-0031 三重県桑名市三之丸16-1

       tel  :  0594-84-5524 (代)

       fax :  0594-84-5525

      E-mail  :  rescue24@gk-service.com

 

   古物商許可番号 第551100119800号 三重県公安委員会